ナノケアドライヤーは高いけど性能を考えたら安い

MENU

ドライヤーを選ぶ際に重要視しているのは、「重さ」「風量」「温度調節」「価格」の3つです。

 

まず「重さ」ですが、髪の毛を乾かす時間はだいたい5〜10分、腕が痛くなってくると乾かすのがめんどうになります。軽ければ向きを変えるのが楽ですし、利き手で無い側に持ちかえるとき助かりますよ。意外とストレス軽減です。

 

続いて「風量」は、なるべく早く乾かしたいからですが、きちんと段階が付いていることも重要です。乾かす際は強く、スタイリングの時は弱く、きちんと使い分けたいです。

 

この「重さ」と「風量」は割とどのドライヤーでもクリアしています。しかし3つめの「温度調節」だけは同じメーカーを選び続ける根拠になっています。

 

「温度調節」は熱ければ良いのではなく、乾かすのに適した温度且つ「頭皮が熱くならない」温度が大切なのです。

 

今のドライヤーを選ぶまで使っていたものは、頭皮が熱くなり赤くなるほどで、実は抜け毛の原因にもなっていました。健康な髪の毛を育てるには、健康な頭皮からでないといけません。

 

あと、スタイリングの最後はしっかり冷風でつやを出したいので、ただの風が出るだけでなく、ひんやりとした感覚が感じられるほどの冷たさが欲しいです。特に夏は、冷え冷えの風が出てくると嬉しいですね。

 

最後に「価格」ですが、やはりこのメーカーは少し値が張ります。が、それを知ってもなお安いと思える性能です。

 

使い続けたい使い心地なのです。最初に使ったのは旅先の旅館のものでしたが、ツヤツヤサラサラで、普段との違いに驚きました。出会えて良かったです。